お菓子のご挨拶

山吹(かの子)

大納言小豆と鶯豆で形作った白こし餡に、黄色い練りきりとお米の粉で満開の山吹の花びらを表現した、春らしい上生菓子です。
一口食べると、春の訪れを感じられるような、上品な甘さが広がります。


花菖蒲(練切)

紫色の練りきりで白と黄色をぼかし、白こし餡を包んで茶巾絞りした上生菓子です。
羊羹の葉を添えて、涼やかな菖蒲の花を表現しました。端午の節句のお茶菓子として、見た目も味わいも楽しめる一品です。


撫子(雪平)

薄紅色の雪平生地で白こし餡を包み、木ベラで形を整えた上生菓子です。
練りきりの花びらを添えて、夏の花 撫子の可憐さを表現しました。
一口食べると、優しい甘さが口いっぱいに広がります。


藤(上用饅頭)

ふっくらとした上用饅頭に、小豆こし餡をぎゅっと詰めました。焼きゴテと羊羹で、藤棚に咲き誇る藤の花を表現しました。
ひと口食べると、春の訪れを感じられるような、優しい甘さが広がります。


若竹(きんとん)

挽き茶色のきんとん餡で白ぼかしを施し、芯に小倉餡を包んだ若竹型の上生菓子です。
練りきりの葉を添えて、春の息吹を感じさせる新緑の若竹を表現しました。
一口食べると、優しい甘さとほのかな苦味が絶妙に調和します。