お菓子のご挨拶

鬼灯(練り切り)

朱色と黄色の練りきりで白こし餡を包み、茶巾絞りと木ベラで形を整え練りきりの飾りで仕上げる。
夏の風物詩である鬼灯市を表現しました。


ぶどう狩り(上用饅頭)

中餡に小豆こし餡を包んだ上用饅頭で焼きごてで井型にラインを引き羊羹の実と錦玉羹の葉を飾り、旬の果物である葡萄を表現しました。


朝顔(雪平)

雪平生地で白こし餡を包み木ベラで形を整え、錦玉羹を表面に流し練りきり製のしべと葉を飾り朝露の中咲き誇る朝顔を表現しました。


露草(きんとん)

挽き茶の白ぼかしのきんとん餡で形を整える、中餡に小倉餡を用い表面に錦玉羹と紫色のみじん粉を散らし高原の足下に咲き誇る露草を表現しました。


岩清水(鹿の子)

中餡に白こし餡を用い大納言小豆とうぐいす豆で形を整える、上南羹と錦玉羹を表面に流しみじん粉を散らし練りきり製のトンボを飾り涼しげな清流の岩清水を表現しました。